是非とも知っておきたい生活のお役立ち情報をここではご紹介しています。

menu

情報をさらに収集!生活ナビゲーション

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:161204

31-07

あたしの父は、画家だ。
画家と聞いても全然ピンとこないかもしれないけれど、
文字通り絵を描く仕事だ。
絵を売ることで生計を立てている。

ボクはずっと、お父さんには
もっと一般的な仕事をしてもらいたいと思っていた。

友達の父親は
日々午前中早くから働いているのに、
オレのお父さんはあさは遅いし、
出かけるのも週何回かの絵画教室で教えるときぐらい…

絵があまり売れないと収入が少ないので、
贅沢もあんまり言えない。

さらに描いている絵が抽象画だから、
ミーにはパパの絵の良さが分からなかった。

あたしは音楽を聞くのが好きだ。
音楽を聞くと、歌詞やメロディーそれぞれから、
作った人の想いや、いろんな情景が浮かぶ。

時には、
元気づけてくれたり、感動させてくれたり…

しかし中には、
売れるように売れるようにと、作られているような曲もある。
そんな曲からは、上辺だけのものしか伝わってこない。

絵も同じだと思う。
人に買ってもらうためだけに描いたような絵には、
「上手い絵だなぁ」
ぐらいの感想しか持てない。

自分の想いを純粋に表現している絵には、
たとえ多くは売れなくても、
それを見た人に様々な想いを抱かせるだろう。

わたしは最近になってやっと、
お父さんはそんな絵を描いていることに気がついた。

父の絵は、
皆に受け入れてもらえるような絵ではないと思う。

でも父の絵は、
色使いや筆の動きそれぞれから
親父の想いが伝わってくる…
そんな絵だ。

ぼくが生まれる前から現在まで、
ずっとその絵は変わっていない。
自分の想いを純粋に表現し続けている。

そんな父親の姿を、
初めて心から誇らしく思った。
今では、父の「画家」という職業を
大いに自慢できる。

門前仲町 賃貸
http://www.townhousing.co.jp/shop/monnaka/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:160904

31-04

お腹って、
体質の中で一番脂肪がつきやすい部分ですよね。

腹のぽっこり具合で、
太ったか痩せたか判断しちゃう…
なんていう人も多いのではないでしょうか。

腹は脂肪がつきやすい反面、
ちょっとした簡単なシェイプアップでも、
ついた脂肪を取ることができちゃう場所でもあります。

お腹に効く簡単なシェイプアップ法といえば、
なんといっても腹筋ですね。

寝る前に何回か腹筋を行うだけで、
気になる腹の脂肪を取り除き、
引き締まったお腹周りを実現することができますよ。

腰痛などの持病が無い人は、
腹の脂肪対策に腹筋を日課にして見ましょう。

普通の腹筋でも効果的ですが、
もっとウエストに効く腹筋方法があるので紹介しますね。

まず、仰向けに寝ます。
そして両足をそろえて、
床から10センチ程度もち上げて20秒ほど静止させます。
慣れてきたら、ちょっと静止時間を長めにして…

このワンセットを数回行うようにしましょう。
たったこれだけの簡単腹筋で、スリムなお腹になっちゃいますよ。
寝る前のほんの数分間でできちゃうので、いつでもどこでもできるから、
継続することができそうですね。

パンツやタイトなスカートなんかをはいたとき、
ぽっこり腹はとっても見ずらいもの!

モデルさんのように、お洒落な洋服をかっこよく着こなすためにも
ぽっこり腹は、連日の腹筋で解消しておきましょう。
一層オシャレが楽しいものになってきますよ。

腹筋は最初はちょっとつらくても、
慣れてくると無理なくできる簡単減量法になりますよ。

花小金井 賃貸は当サイトへ
https://www.townhousing.co.jp/shop/hanako/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:160804

31-02

お腹をへこませるということは、
最終的には、お腹についた脂肪が減って、
体重も減少するということです。

体重を減少させる最大の要因は
消費カロリーと摂取カロリーのバランスです。

消費と摂取のバランスが良く、必要な分だけ食べていれば、
太りもしないし、痩せもしないとなるわけです。

自分として一定の体重を維持していくことが、理想的な状態で、
シェイプアップ成功後には、
この状態を続けていくことが大切になります。

人間の肉体は、加齢と共に基礎代謝が低下します。
その分、食事量を減らさなければ太ってしまいます。

若い時と、年をとってからでは運動量も違います。

年齢的に代謝が落ちても
以前とほとんど同じ量の食事を食べていては、
摂取カロリーが多くなって太りやすくなります。

個人的な体質にもかなりの差があります。
同じ量のご飯を食べてもどれだけ吸収するか、
トレーニングにしても消費カロリーは同じではありません。

なので、
自分の体質に合った方法でシェイプアップすることが大切です。

もうひとつ大切なことがあります。
それは、
「ダイエット=苦しい」と考えていたのでは、
成功は望めないということです。

減量中は苦しいと思う人がほとんどですが、
実質的には、何の我慢もしていないのではないのでしょうか?

必要以上につい食べ過ぎてしまった自分に対して、
自己嫌悪になるのが苦痛なだけで、
減量の苦しみとは関係ないのではありませんか?

苦しいな…と思うから
減量が最後まで続かないのです。
急激に体重を落とそうとするから辛くなるのです。

1ヶ月に1~2キロを確実に減らしていけば、
1年で20kg前後の減量になります。
ゆっくり確実な減量を心がけるべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930