是非とも知っておきたい生活のお役立ち情報をここではご紹介しています。

menu

情報をさらに収集!生活ナビゲーション

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:161005

31-05

こんばんは

アスリートの減量法は、非常に過酷です。
期限が決められているので、
普通の方では考えられないようなハードなダイエットをしています。

しかし、アスリートの方々は、筋肉の量が普通の人とは元々違います。
だから、一般人より痩せやすいからだであると言えます。

プロボクサーの方には、階級によって体重制限がありますよね。
計量日までに、その体重まで落とさなければ
試合をすることができないのですから必死です。

でも、ただ単に食べないダイエット法では、
目標体重まで落とせても、何の意味もありません。

食べる事を抜くダイエットで、体力が無くなってしまっては、
試合で本来の実力を発揮できなくなってしまいます。
筋肉量を減らさずに、体脂肪を落としていくのが、
ボクサーの減量です。

アスリートのご飯面では、
量はもちろん減らしていきますが、栄養バランスを考えて、
シェイプアップに取り組んでいきます。

摂取カロリーより消費カロリーを多くすれば、
理論上は体重が減ります。
しかし、そうは問屋が卸さないのがダイエットですよね。
辛い日々が、続いていくわけです。

プロボクサーは計量が終われば、
試合までに沢山食べて体重を増やしていきます。
つまり、リバウンドするのです。

アスリートの体重は常に増減しています。
アスリートの方も普通の方も、からだの作りは一緒です。
ですから、時には体調を悪くするアスリートもいるんです。

アスリートを真似て減量しようとは思わないで、
自分のペースで正しいダイエット法を実践しましょうね!

明日はいい日だ。がんばろ~^^

祖師ヶ谷大蔵 賃貸
https://www.townhousing.co.jp/shop/soshigayaokura/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:160805

31-03

みなさん
おはようですー

「3歳でめがねをかけるのかあ…」
ため息をつきながら、幼い男の子の手をひいて
眼科指定の眼鏡店に向かったのは、かれこれ4年前のことです。

男の子は生まれつき片目の視力の発達が悪くて、
眼鏡治療をすることになったのです。

その時、あたくしの頭にあったのは、
「めがねをかけるとかわれるだろうなあ」
という思いでした。

実際、近所の悪ガキどもには、いろいろ言われました。
メガネザルはもちろん、のび太、とか、おいメガネ、とか…

でも眼鏡治療のかいあって、
ムスコの視力は無事に発達してきました。

最初は我が子がめがねをかけることに抵抗があった私ですが、
めがねのおかげで学びんだこともあったし、
いろいろ面白い体験もしたなぁと思っています。

1個目のめがねは、ムスコが公園で遊んでいる時に、
他のお子様とおでこをこっつんこした拍子に、
真ん中でぱっきり二つに折れてしまいました。

痛いのとめがねが壊れたのがショックで泣きじゃくる息子、
4万円もするめがねを買い替えねばならないことをとっさに考えて、
ボー然とするわたくし。

あの冬の夕方の光景は忘れられません。
でも決して嫌な思い出ではないのです。
どちらかというと「クスッ」となる思い出で、
よくできたコメディ・タッチの映画の一場面のように心に焼き付いています。

その後作った2つ目のめがねは、
ある日ちょっとはずして公園のベンチに置いたのが紛失し、
1ヶ月後ベンチ脇の砂場から出てきました。

多分、よその子どもが、
「ちょっと困らせてやろう」ぐらいの
イタズラ心で砂に埋めたのだろうと思います。
まさか4万円もするめがねだとは思ってもみなかったんでしょうね…

フンガフフ

向ヶ丘遊園 賃貸
https://www.townhousing.co.jp/shop/yuuen/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031