是非とも知っておきたい生活のお役立ち情報をここではご紹介しています。

menu

情報をさらに収集!生活ナビゲーション

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:161112

31-09

オレの祖母は、91歳のアケさん。
4年間に兄と
子供2人(僕のお母さん・叔父)を次々に亡くした。

お母さんを亡くした年の暮れに脳溢血で認知症になった。

親戚や知人は「これで良かったんかの…」と言った。
正気のままではアケさんが可哀想だと…

姉はともかく、
お子さんに先立たれることは何よりも悲しく辛い。
まして、年老いて出来たお子さん2人に先立たれるとは…

初孫であるボクが県外からこの地に来てもう9年、
アケさんの介護を始めて6年以上経つ。

畑仕事が大好きで
「八百屋でもやるの?」というぐらいたくさんの野菜を作っていた。
毎9時、畑から採ってくるブロッコリーが大好きだった。

野菜のほかにもキレイな花をたくさん育ており、
家の中は四季折々の花が飾られていた。

脳溢血になり、要介護2になったアケさん。
6年の歳月で今は要介護4になってしまった。

僕が「孫」だということは分かっておらず、
「しーちゃん」という存在でしかない。

アケさんとしーちゃんの2人暮らし。
要介護4、在宅介護はギリギリの状態だ。

デイサービスというものがあって本当に助かっている。
一人でする在宅介護は並大抵のものではない。

「孫が一人で祖母の介護をしている」という現実に、
周りもとても良くしてくれる。

約6年半介護しているうちに
「当たり前」の「毎日」になったが、
介護し始めの頃は多くの苦悩があった。

「息子に還る」という言葉その通りで、
いつでもどこでもわたくしの存在を探す。
ボクがいないとダメなようだ。

そんなアケさんを、俺は失礼ながら可愛くてたまらない。

あたしは小さい頃から本当に可愛がってもらい、
多くのことをアケさんの生き様で教えてもらった。
そんなアケさんに、今やっと恩返しできている。

新越谷 賃貸
http://www.townhousing.co.jp/shop/shinkoshi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報をさらに収集!生活ナビゲーションブログ:161012

31-08

人は赤ちゃんを産むと父母馬鹿になる。
親馬鹿は親としての正常な反応なのである。

例えば、
赤ちゃんは長らく羊水に浸かっていたために
半漁人状態で産まれてくる…

それなのに全てのお母さんたちは
赤ちゃんを見て「可愛い!」と思ってしまう。

ママであるなら
我が子どもがどんな肉体で産まれてこようとも、
可愛いと思ってしまう…
それはお母さんとして当たり前の反応なのである。

これが夫になると
父母馬鹿に余計に拍車がかかる。

女の子が歌を歌っただけで
「この子は将来、歌手になるのではないか?」とか、
男の子がボールを蹴ったくらいで
「この子はサッカーの素質がある」と言ったりする。

主人は自分で妊娠や出産をしていないために、
家内が思っている以上に父母馬鹿な態度を取ってくる。

育児をすれば、
家内も主人も父母馬鹿になるものだ。
それでいいのである。

子どもにとっては
父母が両親馬鹿になってくれるからこそ、
子どもは脳の限界を取り払い、
脳のシナプスを増やしていけるのである。

例えばお子さんが一人立ちしたら
夫婦揃って大喜びをするものだ。
だからお子様は脳のシナプスを増やして行くことができる。

もしも父も母も
「子供が一人立ちするのは当たり前じゃん」と白けていたら、
お子様は脳のシナプスを増やして行くことができなくなる。

親が親馬鹿になってしまうのは、
息子が非常に可愛い顔をしているからである。

実は息子が非常に可愛い時期と、
両親が父母馬鹿になっている時期は、
脳のシナプスが増えて行く時期とピタリと一致している。

お子さんが非常に可愛いからこそ
両親の理性のタガが緩んでしまい、
父母は子どもをとことん可愛いがることによって、
お子さんは脳のシナプスを増やしていくことができるのだ。

花小金井 賃貸はここへ
https://www.townhousing.co.jp/shop/hanako/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031